【親御さん向け】仕事をもらうために子役の宣材写真は重要!撮り方を解説

はじめに

「憧れの芸能事務所に入所したものの、なかなか新しい仕事がこない‥。」
その理由が宣材写真だとしたら、とてももったいないのではないでしょうか?
あなたのお子様の宣材写真は大丈夫ですか?
では実際に仕事をもらうために、どんなことに気を付ければいいの?
宣材写真の服装は?髪型は?表情は?
そんな悩みを持つ親御さんのために、今回は仕事獲得に欠かせない宣材写真の撮り方を解説していきます。
ぜひ最後までご覧ください。

そもそも宣材写真とは?

「宣材写真」とは「宣伝材料用写真」の略で、芸能事務所が所属タレントを売り出すために用意する写真のこと。宣材写真はいわばパンフレットのようなものです。
クライアントは芸能事務所から提示される子役の写真を見て、検討中の企画に見合うかどうかを判断していくからです。
一方、オーディション写真はオーディションに参加するとき、主宰者に提出する写真ですので、素材そのものがわかりやすい写真が好まれます。
アーティスト写真は、イメージが出来上がった完成形の写真。
お子様の個性を存分に発揮できるのが、アーティスト写真のうれしいところです。
今の子供にどんな写真が求められているのかを、しっかり理解した上で写真を撮影していきましょう。

子役の宣材写真の役割とは?

子役の場合、カメラに慣れていない子が多いため、カメラを向けられると緊張してしまう子が多いかもしれません。
しかし宣材写真で子役がどんな表情をしているかは、現場でどんな表情を見せるかを垣間見る一つの判断材料になります
書類の段階で少しでも業界に好まれるためにも、宣材写真にこだわることは大切です。
「憧れの芸能事務所に所属できた!」と気持ちはとても高揚します。
しかし事務所に所属できたからと言って、新たな仕事が保証されるわけではありません。
仕事獲得に向けた大きな一歩、それが宣材写真ということを考えると決して手は抜きたくありませんよね。

売れやすくなる子役の宣材写真とは?

「自分の子供が一番かわいい!」親なら誰でもそう思うものです。
しかし芸能界で売れるためには、子役に求められる要素を押さえておく必要があります
ここでは売れやすくなる子役の宣材写真の特徴を解説していきます。

写真で求められる印象1:子供らしさ

まず子供にしかできない仕事があるからこそ、子役が募集されているということを忘れないようにしましょう。
屈託のない飾らない笑顔やあどけなさは、子供ならではの武器になります
もちろん子供なのに大人びた演技ができる、ということも演技上必要なことかもしれません。
しかし変に大人っぽい雰囲気を演出しようと頑張るあまり、不自然な表情になってしまう可能性もあります。
仕事を獲得できるようになれば、年齢に合った仕事が来るようになり、雰囲気も付いてくるものです。
芸能界には子供にしかできない仕事がありますので、今できる仕事を獲得できるように子供っぽさを取り入れることを忘れないようにしましょう。

写真で求められる印象2:ストイックさ

笑顔の中にも強い意志を感じられるような写真を目指しましょう。
慣れない環境に小さいながらに飛び込んでいくわけですので、意志が強くストイックな子供でなければ、厳しい状況に順応していくことはできません。
また子役とはいえ立派な仕事です。
親の意志ではなく子供自身が自分の意志で撮影していることが伝わると、好印象を抱きやすくなります
楽しみつつも、強い意志が伝わる眼差しも売れる子役の宣材写真に必要なポイントです。

売れやすい子役になるための宣材写真の撮り方

それでは売れるために押さえておきたい、子役用宣材写真のポイントを紹介していきます。
今回は服装、髪型、メイク、表情、ポージングの5つを解説します。

【1】子役におすすめの服装

まず男の子と女の子に共通して言えることは、子供よりも服の方が目立たないようにすることです。
大切な宣材写真に力を入れたい気持ちは分かりますが、アピールのし過ぎが逆効果になることもありますので注意して服装を選びましょう

男の子におすすめの服装

元気な男の子を演出するためにも半袖、半パンがおすすめです。
もし服装で迷ったら、白Tシャツと膝丈のジーパンで清潔感のある快活な男の子を演出してあげましょう。
または子供の肌の色に合わせて、Tシャツの色を変えることもできます。
例えば、色黒な男の子は薄い黄色などの薄い暖色系。
色白な男の子は青系やグレー系のカラーで、より爽やかな印象を与えることができおすすめです。
子供の個性を殺さない色を選んであげましょう。

女の子におすすめの服装

女の子の服装も何を選んであげたら良いか迷いますよね。
迷ったときは女の子らしさを意識した、シンプルな服装を選びましょう
例えば白目のワンポイントTシャツに、ピンクの膝丈のスカートで清楚で可愛らしい女の子を演出することができます。
しかしボーイッシュな雰囲気になりすぎると、オファーの幅が狭まってしまう可能性があるため注意が必要です。
子役の宣材写真は女の子らしい服装と雰囲気の方が、好印象を抱きやすくなります。
また大人びた服装よりも、等身大の子供の魅力が伝わる服装を選んだ方が全体のバランスもよくなり、子供の良さを生かした宣材写真を撮ることができますよ。

【2】子役におすすめの髪型

髪型がボサボサだったり、奇抜だったりするとマイナスの印象を与えてしまいます。
子役とはいえビジネスですので、マナーをわきまえた髪型を意識しましょう
「髪型の基準がわからない‥」という場合は学校の服装検査でも問題ない髪型にすると子供らしくも整った髪型にすることができます。

男の子におすすめの髪型

短すぎず、長すぎずシンプルな髪型がベストです。
耳周りはすっきりと出してあげた方が爽やかに見えますが、ナチュラルなマッシュヘアーもかわいらしい男の子になりおすすめです。
奇抜な髪型は「親がさせている」「子供の意志ではない」と捉えられることもありますので宣材写真の子役の髪型としてはリスクが高くなります。
また整髪料のつけ過ぎはNG。
特にジェルタイプはベタついて見えたり、フラッシュで髪が光って見えすぎることがあるので適度に使用するようにしましょう。

女の子におすすめの髪型

ミディアムからロングの比較的長めのシンプルな髪型がおすすめです。
シンプルでアレンジの効きやすい長髪は現場によって髪型を変えることができ、その場の雰囲気に合わせやすくなります。
子役は起用のしやすさも大切ですので、万人受けする髪型を選んであげましょう。
ちなみに髪を耳にかけると積極的、社交的または快活なイメージになったり、健康的なイメージになったりと雰囲気を変えることができます。
耳を隠すと清楚なかわいらしい女の子を演出できますので、お子様の性格に合わせて髪型を調整してあげましょう。

【3】子役はノーメイクで撮影に臨む

未成年は基本ノーメイクが宣材写真の基本です。
メイクによって子供ならではの肌の質感が失われる場合もあります。
写真映えを意識するあまり、しっかりメイクして撮影する方もいますが、やはり子供がバッチリメイクでは不自然に見えてしまいます。
もちろんドラマやCMではカメラ写りを考え、少しはメイクをするかもしれません。
しかしバッチリメイクの子供の写真は、やはり不自然に見えてしまいます。
またメイクによって子供本来の肌の質感や飾らない表情が失われることもあり得ます。
子供の良さを殺してしまうことがないように気をつけましょう。

【4】子役におすすめの表情

歯を出した満面の笑顔がおすすめです。
飾らない満面の笑顔には、みんなを引き寄せる力があります。
「ちょうど歯が抜けている‥」それもまた子供の良さです。
またくしゃっと笑った自然な笑顔が作れるかということも審査上、大切なことです。
宣材写真で緊張してぎこちない笑顔になるようでは、この先が思いやられます。
さらに表情筋がしっかり使えているかは、喜怒哀楽をしっかり表現できるかということにも繋がりますのでクライアントはそこもよく見ています。
子役には子供が必要であることを思いに止め、子供らしい満面の笑みで勝負しましょう。

【5】子役におすすめのポージング

大人の宣材写真と子役では求められることが違うため、おすすめのポージングも変わってきます。ここでは子役におすすめのポージングを解説していきます。

バストアップ写真におすすめのポーズ

正面からのシンプルなポーズ、または振り向きざまの少し動きが入ったポーズも自然な宣材写真になるのでおすすめです。
しかし大人も子供も顔の形が隠れてしまうようポーズ、例えば頬に手を当てるポーズは控えた方が無難です。
また女の子の場合、髪の毛をかき上げるような大人っぽいポーズも子供らしさが失われるため控えた方が良いでしょう。

全身写真におすすめのポーズ

女の子は腰に手を当ててスカートのすそ部分を軽く摘むように持つと、フェミニンで愛らしい印象を与えることができます
このとき、膝と膝を重ね合わせるように立つと、より女の子らしいシルエットに見せることが可能です。
男の子の場合は両手を腰に当てたり、腕を組んだりするポーズで子供らしさを出すことができます。
ちなみに足を肩幅よりも少しだけ大きめに広げると、わんぱくで元気な男の子を演出することができますよ。
バランスが崩れてしまわないように、よく練習してから撮影に臨みましょう。

子役の宣材写真を撮るなら子供の撮影に慣れた写真スタジオがおすすめ

子役の宣材写真は、いくら宣材写真で有名なスタジオを利用しても、子供の撮影がうまくいくとは限りません。
ではどんなスタジオを選べば良いのでしょうか?
子役の宣材写真なら七五三の写真など、子供の写真を取り扱っているスタジオがおすすめです。
子供の写真を撮り慣れているスタジオは、子供を乗せるのがとても上手です。
子供の自然な笑顔を巧みに引き出せるだけでなく、同伴の親も一緒になって楽しみながら撮影することができます。
親がリラックスしている様子を見ると、子供も自然とリラックスできますよね。
有名な役者を排出しているスタジオより、あなたのお子様の最高の笑顔を引き出してくれるスタジオを選びましょう

子役におすすめの宣材写真の撮り方まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は子役の宣材写真の撮り方を解説してきました。
満面の笑顔や元気溢れるポージングは、新たな仕事のオファーに繋がります
しかし子役の宣材写真は、大人の宣材写真よりも難しいというのが現実です。
子役の宣材写真撮影に慣れたスタジオなら、子供らしさの中にもやる気や意志を感じさせる写真を撮ることができます。
とはいえ売れる子役には、家族のサポートが欠かせません。
子供が仕事を獲得するために、信頼できるスタジオ選びでお子様をサポートしてみるのはいかがでしょうか?

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました