アイメイクでビジネスプロフィール写真をより魅力的に!メイク方法を紹介

はじめに

女性起業家やフリーランスで仕事をする人が増えている現在、女性にもビジネスプロフィール写真の重要性が注目されています
男性と比べると女性はファッションやメイクに関心のある方も多く、日頃から自分がどう見られているかを意識している方も多いでしょう。
しかし、ビジネス戦略としてのパーソナルブランディングを考えた場合、いつものファッションやメイクのままで良いとは言えません。
信頼して仕事を任せられる人物か、誠実に悩みや問題に向き合ってもらえる相手なのか。
お客様はプロフィールに掲載する一枚の写真からあなたを判断することになるかもしれません。
この記事ではビジネスプロフィールにふさわしいメイク、特に顔の印象を左右する“アイメイク”について、おすすめの方法や注意点を年代別に説明しています。
これからビジネスプロフィール写真を用意しようと思っている方は、参考にしてみてください。

ビジネスプロフィール写真で目ヂカラは重要!

会社案内やプレゼン資料、企業のウェブサイトに載せる代表者の写真や、SNSのアイコンなど、お客様が最初に目にするプロフィール写真は、企業やあなた自身の第一印象になると言ってよいでしょう。
特に初対面の場合、印象の8割は目元で決まるとも言われています。
目元が弱々しい印象だったり生気を感じられないと、相手に不安感を与えてしまうこともあります。
ぱっちりと印象の強い目元、いわゆる「目ヂカラ」は自信や意思の強さを表し、ビジネスの場では「この人なら仕事を任せて大丈夫」というポジティブな印象に受け取られるのです。
プロフィール写真では目ヂカラをアップするメイクを施し、相手から好印象を得る表情を作りましょう。

アイメイクで好印象となる目元を叶える

太めのアイライン、まつげエクステをするなど、日頃からメイクにこだわり、少しでも目を大きく見せる努力をしている女性は多いでしょう。
しかし、ビジネスシーンで同じようにアイメイクに力を入れると、派手でキツイ印象となり逆効果となる場合もあります。
ビジネスの場では、上品で清潔感のある自然なメイクを心がけてください
自然で控えめに見えるアイメイクもしっかり丁寧に施せば、力強く生き生きとした目元になり、相手に好印象を与えます。

女性のビジネスプロフィール写真におすすめのアイメイクアイテムの特徴

女性のビジネスプロフィール写真では、上品さと清潔感に加え、力強さを感じる目元が好印象となります。
メイクに関心が高く、様々なアイテムを持っていても、ビジネスプロフィールに適したメイクとなると、アイテム選びに迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。
ここでは、アイシャドウ、アイライナー、マスカラについて、ビジプロ写真におすすめのアイテムをご紹介していきます。

アイシャドウの特徴

アイシャドウの色はオーソドックスなブラウン・ベージュ系がおすすめです。
肌なじみが良く、ビジネスシーンにふさわしい女性らしさや知性を表現できます。
肌の色やトーンは人によって違うので、ブラウンでは少し地味過ぎると感じるなら、ピンクやオレンジ味のあるものを選ぶと、柔らかで上品な印象となります。
パープルやグリーンが似合う人もいますが、派手なイメージとなりビジネスシーンには向いていません。
またパールやラメの入ったアイシャドウは、撮影時に光の反射で白く目立ってしまうこともあるので避けた方が良いでしょう。

アイライナーの特徴

アイライナーには目元をくっきりさせる、細目のリキッドタイプがおすすめです。
ペンシルタイプは柔らかで自然なラインを描けますが、ビジネス向けの写真撮影時は、目ヂカラをアップし印象的な目元となるリキッドタイプが良いでしょう。
色はブラウンかこげ茶を使うとソフトで強すぎない目元になります
40代以上の方で、より目元をくっきりとさせたいなら黒もおすすめです。

マスカラの特徴

マスカラはダマになりにくい、ロング・カールタイプがおすすめです。
まつげ一本一本を伸ばすことで、繊細で透明感のある目元を演出、すっきりとした印象になります。
ボリュームタイプのものはダマになりやすく、派手でケバい印象となるのでビジネスプロフィール写真では使わない方が良いでしょう。

【年代別】ビジネスプロフィール写真におすすめのアイメイク方法

いつのメイクも年相応に変えていく必要があるように、ビジネスシーンでも年代ごとにメイク方法を見直し、注意すべきポイントがあります。
ここからは、ビジプロ写真におすすめのアイメイク方法を年代別にご紹介します。

キャリアウーマンにおすすめのビジプロ写真のためのアイシャドウ

20代におすすめのアイシャドウの塗り方

20代の場合はあまりメイクをしなくても、全体の雰囲気や目元から、エネルギッシュで若々しさが伝わります。
アイシャドウはベージュ系の少し薄めの色で、誰からも好まれるナチュラルな清潔感や清楚なイメージを意識し、見る人信頼感を与えるようにしましょう。
肌の色や顔立ち、顔の雰囲気によってはピンクやオレンジ寄りのアイシャドウでも良いでしょう。

20代がアイシャドウメイクで気をつけること

アイメイクにあまり慣れていない若い方の場合、まぶた全体に広く塗ってしまうこともありますが、腫れぼったくぼやけた印象になるので注意が必要です。
まぶたを指で軽く押しながら、眼球とそのすぐ上の骨の間のくぼみまでがアイホールです。
程よい範囲にぼかしながらつけるようにしましょう。

30代におすすめのアイシャドウの塗り方

30代の場合はグラデーションを作り、華やかな目元でキャリアと自信を演出しても良いでしょう。
中間色をアイホール全体に幅広めに塗りぼかし、二重幅の部分に締めの濃いカラーを塗ります。
ハイライトを少し眉下と目頭に塗ることで、目に立体感が生まれます。

30代がアイシャドウメイクで気をつけること

アイシャドウの色選びは髪色とのバランスが重要になります。
髪色が明るめの場合は同じブラウン系のアイシャドウがおすすめです。
黒または暗い髪色の場合、濃いブラウンだときつい印象になるので、ベージュ系か薄めのブラウンを選ぶとナチュラルで明るい目元に仕上がります。

40代以上におすすめのアイシャドウの塗り方

40代以上の方は締めの濃い色を二重幅、または目のキワや目じりに入れ、優しめに引くと良いでしょう。引き締まった目元は、仕事への自信や安定感を表現できます。
苦手な方は無理にキワまで入れず、後からアイラインを入れることで目元を引き締めます。中間色をアイホールに入れて、丁寧にグラデーションを作ることを意識すると良いでしょう。

40代以上がアイシャドウメイクで気をつけること

40代以上の世代はまぶたにハリがなくなり、目ヂカラの衰えも気になってきます。
色味の強いアイテムを使ったり、くすんだ目元を明るく見せようとラメ入りのシャドウを使いたくなるかもしれません。
しかし、アイシャドウの入れすぎは安っぽい印象となり、おばさん臭さも出てしまいます
ビジネスシーンで大切なのは上品さや知的な印象です。
自分の肌に合う色味や、塗り方・バランスを試し、丁寧に仕上げるようにしましょう。

キャリアウーマンにおすすめのビジプロ写真のためのアイライン

ビジプロ写真におすすめのアイライナーの引き方

20代がアイラインを引く時に気をつけること

20代の場合、学生の頃と同じメイクをしてしまうと子供っぽく頼りないイメージとなり、ビジネスの場では少し不安な印象を与えかねません。
目尻を気持ち伸ばし気味に引くことで、大人っぽく、印象的な目元を作りましょう
この時、極端にラインを跳ね上げてしまうと頑固そうなキツイ感じになったり、長く引きすぎると不自然になるので注意が必要です。
目のふちに沿ってやや引き下ろすイメージで引くと、バランス良く締まった印象になります。

30代がアイラインを引く時に気をつけること

目尻のアイラインの跳ね上げを伸ばし気味に引いている人もけっこう多いですが、一歩間違うと派手な印象で古臭さも出てしまいます。
目尻は跳ね上げず、少しタレ目気味になるくらいにとどめておくと、柔らかく人当りの良い印象となり、見る人に親近感を与えます
もともとタレ目の方は無理にタレ目を意識することなく、横にスッと引くと切れ長で涼し気な目元になります。

40代以上がアイラインを引く時に気をつけること

40代以上もビジネスシーンではナチュラルメイクが基本ですが、弱くなった目ヂカラを補ってあげる必要があります。
軽くアイラインを引くことで自信と活力のある、大人の目元に仕上げましょう。
年齢とともに目元のラインが曖昧になると、ラインの幅を広げ過ぎたり、目全体を囲むように引いてしまいますが、これはかえって目が小さく見える原因となります。
幅は0.3mm程度になるように、ひと筆で描かず、点で埋めるように描くと自然に仕上がります
また、目尻の跳ね上げもやり過ぎると魔女のようになってしまいます。
下まぶたの延長線上に三角形をつくると、目尻のまつ毛の影になり自然に仕上がります。

キャリアウーマンにおすすめのビジプロ写真のためのマスカラ

目元は顔全体の印象を大きく左右します。
ビジネスの場でも女性らしく印象的な目元は相手の心を引き付けるものです。
マスカラの役割は、まつ毛の形を美しく整え、キープすることです。
ビジネスプロフィール写真を撮影する場合もマスカラの威力を借りて、存在感のある目元を作りましょう。

ビジプロ写真におすすめのマスカラの塗り方

きれいにマスカラを塗るコツは、はじめにビューラーでまつげを根元からしっかりあげておくことです。
しっかりカールし存在感のあるまつ毛は目を大きく見せ、生き生きとした表情を作ります。「フットワーク軽く仕事をしてくれそうな人」を印象づけましょう。
ビューラーはまつ毛の根元、中間、毛先の順番で3回に分けて挟むときれいなカールができます。
根元からいっきに上げたり、強く引っ張るとまつ毛を痛めるので気を付けましょう。
マスカラは一度ティッシュオフしてから塗るとダマになるのを防ぎます。
上まつ毛の中央、目頭、目尻の順に3度に分けまつ毛に塗っていきます
下まつ毛は、マスカラを縦にして一本一本伸ばすように塗っていくときれいに仕上がります。

マスカラを塗る際に気をつけること

注意したいのは、ビジネスプロフィール写真だからと言ってたっぷりと何度も重ねづけをしないことです。
しっかりカールしたまつ毛にはたくさんマスカラをつける必要はありません。
塗り過ぎてダマになると「化粧が濃い人」のイメージとなり、ビジネスにプラスとならないでしょう。
塗り過ぎてしまった場合は、マスカラが乾く前に素早くコームでとかし、ダマをとり除くと良いです。
また、カールが足りないとまつ毛が下まぶたにあたり、パンダ目の原因にもなります。
マスカラを塗る前にしっかりビューラーでまつ毛を上げておくことが大切です。

ビジネスプロフィール写真はプロのメイクさんに任せて印象アップ!

フォトスタジオや写真館には美容室と連携していたり、プロのヘアメイクさんが常駐しているところが多くあります。
ビジネスプロフィール用の大切な一枚を撮るのですから、あまりメイクに自信のない方はプロにお任せするのがおすすめです。
また自分のメイクには満足しているという方も、ビジネスシーンでも同じメイクで良いとは限りません。
信頼して仕事を任せて良い相手として見られるか、第三者の視線で考えることが重要です。
より好感度が高く、写真映えのするメイクに仕上げるためにもプロにお任せするのが安心で確実でしょう。

フォトスタジオでビジネスプロフィール写真を撮影してほしい理由

写真館やフォトスタジオなら、撮影時のライティングもちろん、ポートレート用の背景も希望に応じて選ぶこともできます。
無地だけではなく、オフィス風のセットで撮影できるところもあります。
また、撮影シーンに合う、その人の役割にふさわしいポージングなどもアドバイスをしてくれます。
写真館というと敷居が高いイメージもあり最初は緊張しますが、リラックスできるよう声をかけてくれたりするので、自然な表情を撮ってもらえるでしょう。
屋外での撮影を行っているフォトスタジオもあるので、自然光の中でさりげない表情を作りたい場合などはおすすめです。
フォトスタジオなら出来上がった写真へのレタッチ、明るさの補正や美肌修正までトータルでお任せできます
料金など、あらかじめ確認をしておくと良いでしょう。
ビジネスチャンスを広げるプロフィール写真は、メイクはもちろん撮影・演出、レタッチまでトータルにお任せできるフォトスタジオで撮ることをおすすめします。

女性のビジネスプロフィール写真のアイメイクまとめ

ビジネスプロフィール写真のアイメイクの大切さについて理解いただけましたでしょうか。メイクが得意でない方は、プロのヘアメイクさんにお伝えしビジネスにふさわしいアイメイクを施し、写真撮影を依頼すると良いでしょう。
見た目の印象が変わると、周囲の反応も変わり、やがては自分への自信、仕事への自信につながります。
小さな変化を味方にビジネスの成功につなげていきましょう

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました