ビジネスプロフィール写真に適した髪型や髪色を男女別にプロがご紹介

はじめに

「ビジプロを制する者がビジネスを制する」とまではいかずとも、ビジネスプロフィールが仕事の受注を大きく左右することは確かです。
「仕事の実力には自信があるのに業績がいまいち…」という方は今一度ご自分のビジプロ写真を見直してみることをおすすめします。
特に髪型や髪色はあなたを印象付ける大切なポイントです。
しかし「自分に似合う髪型は分かっても、人に好印象を与える髪型が分からない」という方も多いのではないでしょうか?
そこで本記事では、ビジプロ写真に適した髪型や髪色を男女別に徹底解説していきます。
ぜひ参考にしてくださいね。

ビジネスプロフィール写真の髪型選びは“与えたい印象”によって決めるのがおすすめ

ビジプロ写真でまず大切なことは「未来の顧客に、いま信用されること」です。
そのためには、自分が与えたい印象を明確にしなければなりません。
例えば弁護士には信頼性や真面目さ、親身になって相談に乗ってくれる誠実さが必要だと感じるのであれば、その印象を髪型で演出しましょう。
また女性起業家や管理職につく女性は「舐められたくない!」と思う反面「避けられたくはない‥」と思うかもしれません。
それなら凛々しさの中にも安心感のある髪型で、近づきやすさを演出することができます。
自分の仕事にはどんな人格が求められているのかを考えると、髪型を選びやすくなりますよ。

ビジネスプロフィール写真の撮影前には美容室やサロンでカットやセットするべき?

何事にもプロと素人との差は、はっきりと出るもの。
それは髪のカットやセットも同じです。
男性で髪を伸ばしきっている方は、美容室で髪を整えてもらうことをおすすめします。
また女性は髪色の赤みや黄色味、白髪が出ていたらカラーも含めて美容室で整えてから撮影した方が良いでしょう。
なぜなら髪の毛の画像修正は難しく、綺麗に直せるカメラマンは少ないからです。
不自然な仕上がりにしたくなければ、撮影前に整えましょう。
ヘアスタイリストは髪型のプロです。
「ビジネス用」と伝えれば、適した髪型に仕上げてくれます。

未来を切り開くビジネスプロフィール写真こそヘアセットや撮影はプロに依頼すべし

ビジプロ写真のヘアカットや撮影は、プロの技術に頼るのが最善の手段です。
なぜならビジプロ写真で大切なのは、あなたに似合う髪型ではなく、第3者の視点だからです。
特に髪型を自分でセットするとつい「いつもの髪型」になってしまいます。
それ以外の髪型は「自分には似合わない」という思い込みが、頭に刷り込まれているからです。
しかしフォトスタジオならプロの視点からあなたを見てくれ、メイクやヘアセットをおこなってくれます。
初めは少し勇気がいりますが、プロの技術を信頼すれば、他者に好印象を与えられるヘアスタイルでビジプロ写真を撮影出来ます。

ビジネスプロフィール写真にふさわしい髪色とは?

「ブランディングは色から入る」
ビジネスの世界ではよく言われることです。
ビジプロ写真でいうと髪色は、あなたをブランディングする大切な要素です。
ではビジプロ写真にふさわしい髪色とは、ずばり何色なのでしょうか?
ここではビジプロ写真におすすめの髪色を3色紹介していきます。

黒髮

ビジプロ写真の髪色は、やはり黒髪が良いでしょう。
なぜならビジネスマンは黒髪の人が多いため、黒髪のビジプロ写真は違和感なく受け入れやすいからです。
また黒髪は誠実さや落ち着き、安心感を与えることができます。
例えば、明るい茶髪弁護士と黒髪弁護士のビジプロ写真が並んでいたとしたら、やはり黒髪の方が、なぜか信頼できそうな雰囲気がありますよね。
もちろんビジプロ写真は職種によってタイプが大きく異なるので、自分の職業に合った髪色を選ぶのが大前提です。
とはいえ信頼感、安心感、誠実さ、ひたむきな姿勢を示したいなら黒髪がおすすめです。

暗めの茶色

暗めの茶色も、ビジプロ写真に選ぶことが出来ます。
暗めの茶色は、快活で社交的な印象を与えたいという方におすすめです。
笑顔で撮影すると、全体的に明るい印象のビジプロに仕上げることができます。
しかしカラートーンには注意が必要です。
明るい茶髪は子どもっぽく見え、イマイチ信用にかける印象になることがあります。
また暗めの茶髪なら落ち着いた印象をアピールできます。
大切な点として、明るいフォトスタジオで撮影する場合は、髪色は見た目以上に明るく見えてしまうため、暗めの茶色を意識することを忘れないようにしましょう。

金髪

「ビジプロ写真でインパクトを残したい!」という方には金髪がおすすめです。
顔を覚えてもらえたり「あの金髪の人!」と印象付けて仕事に結びつけることができます。
しかしやはりビジネスシーンでは、個性的、奇抜に見えて扱いづらい人と認定される危険性があります。
例えば「金髪介護士」は話題性はあるかもしれませんが、需要は少ないですよね。
しかし美容師やミュージシャンのような外見が売りになる仕事や、占い師などのインパクトのある職種は、金髪でアピールすることも1つの方法です。
とはいえ攻めの金髪は年齢や顔立ち、キャラクターから総合的に判断するようにした方が良いでしょう。

グレンヘア(白髪)

ビジプロ写真のグレンヘアは、落ち着いた印象や威厳を醸し出したい人に、とても人気の髪色です。
歳を重ねるほどより印象深くなり、経験豊富で安定感のある人物に見えます。
もちろん手入れされたグレンヘアでなければ逆効果です。
ありのままを受け入れている、飾らない、気取らないという雰囲気が良い方向に向かうこともあれば、無頓着、だらしないという真逆の印象に繋がることもあります。
クシを入れ、しっかりセットしたグレンカラーで信頼感を獲得していきましょう。
ちなみにグレンカラーの髪色には黒や紺などのシックな背景がよく似合いますよ。

ビジネスプロフィール写真のヘアセットに関する注意点

好印象を与える髪色が決まれば次にヘアセット時の注意点を確認しておきましょう。
ビジプロ写真のスタイリングの注意点を2つに絞って解説していきます。

注意点1:ストロボの光飛びを考えてスタイリング剤はつける

ビジプロ写真の髪型は、スタイリング剤を使ったセットが基本です。
スタイリング剤を使わないと、髪型が広がりまとまりの悪い髪型になってしまうからです。
さらにエアー感のある髪型は、背景がふんわりした髪の隙間から透けてしまい、光飛びの原因になることがあります。
スタイリング剤で髪をまとめておくと、光飛びの可能性を軽減することができますよ。

注意点2:衣装となる服装とのバランスを考えたヘアスタイルをチョイス

ビジプロ写真の髪型は服装とのバランスに気をつけましょう。
バランスが合っていないと、どこか違和感のある写真になってしまいます。
例えば、スーツに無造作へア、カジュアルな服にビシッと七三は上下のギャップが大きくなります。
スーツにはカチッと決めた髪型で堅実に、カジュアルな服装には無造作ヘアで自然体など、服装とのバランスが取れた髪型は、空気を読んだ好印象な写真に仕上がります。

女性におすすめのビジネスプロフィール写真の髪型3選

ここからは「ビジプロ写真は具体的にどんな髪型が好印象?」という疑問にお答えしていきます。女性におすすめの髪型は以下の通りです。

  • 【1】ゆる巻きダウンスタイル
  • 【2】オールバック
  • 【3】ハーフアップ

それぞれのスタイルが与える印象とセットのポイントを1つずつ解説していきます。

【1】ゆるく巻いたダウンスタイル

引用元:BIGLOBE Beauty

ゆる巻きダウンスタイルとは、頭のトップから始めるパーマではなく、後頭部から緩やかに始まるパーマスタイルです。
理想的な仕上がりとゆる巻きダウンスタイルで与えることのできる印象を見てみましょう。

ゆるく巻いたダウンスタイルの理想の仕上がりと写真が与える印象

ビジプロ写真でのゆるく巻いたダウンスタイルは、誠実さや明るい印象になります。
少し巻くことで女性らしさを感じさせるので、柔らかな人当たりの良さ演出することが可能です。
しかし巻きすぎには注意が必要です。
髪を巻きすぎると、派手な印象、キツい女性という印象に変わってしまいます。
ダウンスタイルは、ナチュラルなゆる巻きを意識しましょう。
また巻いておろしている髪が多すぎると、爽やかさにかけ、暗い印象に変わってしまうので注意してくださいね。

ビジネスプロフィール写真でのゆるく巻いたダウンスタイルのセットポイント

ゆる巻きダウンスタイルのポイントは、巻き始めの高さです。
巻き始めが下すぎると、元気のない寂しい印象になりますが、高すぎると個性的な印象になったりとイメージが大きく変わってきます。
ゆる巻きは耳の高さを基準に巻き始めると、自然で優しい雰囲気のダウンスタイルに決めることが可能です。
コテのサイズは、26mm,32mmがおすすめです。19mmのあまり細いコテを使用すると、カールがきつくなり、見方によっては古臭く見えたり、きつい印象になることがあります。
ゆる巻きダウンスタイルは、巻き始めの高さとコテのサイズに気を付けましょう。

【2】オールバック

引用元:BIGLOBE Beauty
オールバックも女性のビジプロ写真におすすめの髪型です。
オールバックの理想の仕上がりと理想に近づけるためのポイントを紹介していきますね。

オールバックの理想の仕上がりと写真が与える印象

オールバックは顔全体、特におでこが全部見える髪型ですので、誠実な印象を与えることができます。
また仕事ができそう、かっこいい女性、頼りになる先輩などの信頼感を加えたい方におすすめ。
例えば弁護士や税理士などの高い信頼性と安定性が求められる職業にピッタリです。
しかし毛量が多すぎると頭部に目が行ってしまったり、逆に少なすぎても物足りない印象になるため、適度な毛量がある方におすすめの髪型です。

ビジネスプロフィール写真でのオールバックのセットポイント

オールバックのポイントは2つあります。
1つ目は髪の流れを揃えることが大切です。
髪の毛全体をしっかり濡らし、ドライヤーで乾かす時に後ろに流してまとめていきます。
2つ目は整髪料を適量使用して、ビシッとセットすることです。
整髪料を使用するとセットがしやすくなるだけでなく、きちんと感が出て仕事ができる雰囲気を増すことができます。
しかし整髪料をつけ過ぎると髪が重くなり、頭皮にくっついたような湿った印象になってしまいます。
整髪料の付けすぎには注意しましょう。

【3】ハーフアップ

引用元:BIGLOBE Beauty
ハーフアップもビジプロ写真に人気の髪型です。
ハーフアップの印象とセットポイント、セット手順も解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

ハーフアップの理想の仕上がりと写真が与える印象

ハーフアップの理想の仕上がりは、華やかで上品な印象に近づけることです。
おろしている髪の毛を綺麗なストレートにしたり、内巻きワンカールにアレンジすることでも女性らしい印象をアップすることができます。
またハーフアップで、柔らかく社交的な印象にすることも可能です。
そのためアナウンサーなどの知的な雰囲気+温かさを演出したい職種からも人気の髪型です。

ビジネスプロフィール写真でのハーフアップのセットポイント

ハーフアップのポイントは、信用されそうな清楚なスタイルにすることです。
アップにした髪が上過ぎると可愛らしくなってしまうため、ハーフアップした髪は緩やかなカーブを描くような自然なラインをイメージすると良いでしょう。
また顔まわりの髪の毛を遊ばせ過ぎると、幼い印象になってしまいます。
特にビジプロ写真では顔をしっかり見せることが好印象になるため、輪郭が隠れるような毛流れには注意しましょう。

ハーフアップのセット手順

ここでは最も基本的なハーフアップの方法を解説していきます。

  • 1,こめかみの位置から上髪をとる
  • 2,後頭部のふくらみ部分に高さを決め結ぶ
  • 3,頭部を少しフワッとさせたい場合は髪を少し引き出す
  • 4,残しおいた下の髪を整えて完了

ハーフアップにする上髪をきつく結び過ぎると、こめかみが引っ張られ、少しキリッとしたような引き締まった印象になります。
逆にゆとりを持たせると柔らかい雰囲気になりますので、見せたい印象によって結び目の強さを調整していきましょう。

男性におすすめのビジネスプロフィール写真の髪型3選

男性のビジプロも髪型で印象がまったく変わってくるため注意が必要です。
男性におすすめの髪型は以下の通りです。

  • 【1】七三分け
  • 【2】オールバック
  • 【3】ソフトモヒカン

それぞれのヘアスタイルの印象とセットポイントを解説していきます。

【1】七三分け

引用元:BIGLOBE Beauty
七三分けは、ビシッと決まったスタイルでも、フワッとした緩やかなスタイルでもスーツに似合うため、好印象を残したいビジプロ写真にピッタリの髪型です。
まずは七三分けで与えることのできる印象を見ていきましょう。

七三分けの理想の仕上がりと写真が与える印象

七三分けは、誠実さと人当たりの良さを兼ね備えている髪型です。
ビジネスマンの髪型としても一般的な髪型ですので、冒険したくない堅実な人におすすめです。
また七三分けは幅広い年齢層から、高評価を得ているというメリットもあります。
例えば自分のビジプロ写真を見て欲しいターゲットは30代男性かもしれません。
しかしターゲットの親世代や女性からの支持も狙える七三分けなら、幅広いアプローチをすることができますよ。

ビジネスプロフィール写真での七三分けのセットポイント

ビジプロ写真の七三分のポイントは、整髪料を使用してビシッとセットすることです。
整髪料を使うとセットしやすくなるだけでなく、きちんと感が出て仕事ができる雰囲気になります。
整髪料をつけないフワッとした七三分けも爽やかな印象はありますが、青年のような若々しいイメージに近いため、ビジプロ写真ではしっかりセットして撮影することをおすすめします。

【2】オールバック

引用元:BIGLOBE Beauty
プライベートスタイルでも人気の高いオールバックはビジプロ写真でも使える安定の髪型です。
男女共に人気の高い髪型ですので、支持層を広げたい方におすすめです。
まずはオールバックの理想の仕上がりと写真が与える印象を見ていきましょう。

オールバックの理想の仕上がりと写真が与える印象

オールバックの理想は、若干のワイルド感と男らしさを見せることです。
男らしいオールバックは、仕事ができそうな印象になるだけでなく、近寄りやすい安心感も与えることができます。
困った時に仕事を依頼したくなるような、頼もしい存在をアピールできれば仕事の受注も増えますよね。
さらにオールバックは顔全体が見える髪型ですので、誠実な印象も与えることも可能です。

ビジネスプロフィール写真でのオールバックのセットポイント

ビジプロ写真でのオールバックのポイントは、ドライヤーの使い方と整髪料の種類。
髪を濡らした後に、前髪の根元からドライヤーを当てて乾かしていきます。
この時、前髪を立てるように持ち上げながら、髪全体を後ろに流していきましょう。
毛の流れができたら整髪料を手に馴染ませ、後ろにかき上げていきます。
整髪料の種類は、光沢のないマットなワックスよりもジェルがおすすめです。
ジェルならきちんとセットしている雰囲気を出すことができますし、フラッシュによる適度なツヤ感から大人の色気も出すことができます。

【3】ソフトモヒカン

引用元:BIGLOBE Beauty
ビジプロ写真におすすめな3つ目の髪型は、ソフトモヒカンです。
ここではソフトモヒカンの具体的な印象とセットポイントを解説していきますね。

ソフトモヒカンの理想の仕上がりと写真が与える印象

ソフトモヒカンは、トップに程よくボリュームを持たせつつ、サイドはすっきり耳を出した形が理想の仕上がりです。
爽やかさがあり、社交的で積極的な印象を出すことができます。
短髪で清潔感が抜群の髪型ですので、中年の男性にもよく似合う髪型です。
しかし毛量の少ない男性は、スタジオの明かりやフラッシュにより頭皮が見えやすくなるため、あまりおすすめできません。

ビジネスプロフィール写真でのソフトモヒカンのセットポイント

ビジプロ写真でのソフトモヒカンのセットポイントは、ツンツンさせすぎないこと。
束感を出しすぎたり、毛先を捻じったりすると、爽やかな印象から軽い印象に早変わりしてしまう危険があります。
毛先は捻るように整えるのではなく、手グシで空気を入れていくようにセットすると自然な形にまとめることができます。
ちなみにソフトモヒカンの場合は、ジェルよりもワックスの方が動きを持たせやすいため、より爽やかな印象を与えることが可能ですよ。

ビジネスプロフィール写真の髪型のまとめ

いかがだったでしょうか?
今回はビジネスプロフィール写真に適した髪型や髪色を男女別に紹介してきました。
髪型や髪色1つで仕事の伸びが変わるのであれば、ビジプロ写真にも是非こだわっていきたいものです。
ただ単に印象に残る髪型ではなく「この人に仕事を依頼したい!」という信頼感の表れたビジプロ写真で、新たな仕事を獲得してくださいね。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました