ビジネスプロフィール写真のベースはこうつくる!アイテムの特徴も解説

はじめに

ビジネスプロフィール写真を撮影しようとお考えの女性の皆さん。
ビジネスプロフィール写真を撮るにあたって、シミやシワ、クマなどのお肌のトラブルが気になっている方も多いのではないでしょうか?
ビジネスプロフィール写真を撮影したら、ある程度の期間は同じ写真を使いますので、お肌もできるだけ良い状態に仕上げたいですよね!
今回はビジネスプロフィール写真でのベースメイクの方法やメイクアイテムの特徴について解説いたします。
こちらをよくお読みになって、ぜひ美肌でビジネスプロフィール写真を撮影してください。

ビジネスプロフィール写真はなぜ重要?

ビジネスプロフィール写真の重要性について改めて解説いたします。
ビジネスプロフィール写真は、個人発信のSNSやHP、会社発信のパンフレットやWEBサイト、社内外資料などに幅広く使われており、ビジネス上でかなり重要になっているアイテムです。
ビジネスプロフィール写真を求められる機会が増え、必要に迫られている方もたくさんいます。
取引先や将来の仕事相手、顧客となる人が目にする可能性が高く、あなたのことを写真で初めて知る方も多くいます。
そこで良い印象を与えておくことで信頼関係が築きやすくなったり、仕事に繋がる可能性が高まります。
ビジネスプロフィール写真はこれからもっと活躍したい方、仕事の幅を広げたい方には間違いなく必須となっていくアイテムです。

好印象となるビジネスプロフィール写真はベースから!

女性のビジネスプロフィール写真には何を求められているか分かりますか?
重要な写真撮影だからといって気合が入りすぎて派手なメイクになる人がいますが、逆効果です。
派手さは遊んでいたりチャラチャラしているイメージで不真面目そうに見えるためビジネスシーンではマイナスです。
女性のビジネスプロフィール写真ではそういった派手さは必要なく、清潔感や明るさ、親しみやすさが表れているのが良い写真です。
特に肌を綺麗に見せることで清潔感がアップするのでベースメイクが大切です。
肌の質感が良くなることによってヘルシーに見えて好印象な写真に仕上がります。

ビジネスプロフィール写真のベースメイクアイテムとその特徴

ここから具体的に、ビジネスプロフィール写真に適したベースメイクの方法を解説いたします。
まずは下地・コンシーラー・ファンデーションの3つのアイテムについてご紹介します。

【1】化粧下地

メイクの土台となる化粧下地は、ベースメイクの中でも特に重要なアイテムです。
化粧下地を塗ることでファンデーションのつきが良くなり、ムラなく綺麗な仕上がりを期待できます。
また、色味を補正できる下地を選べば肌色や血色が良くなり、さらに印象がアップします。
例えばホワイトは肌全体のトーンアップが期待でき、赤みが気になる場合はグリーン系が効果的です。
このようにあなたの肌の状態に合った下地を選んでください。

【2】コンシーラー

コンシーラーで気になるニキビやシミ、クマをカバーすることで清潔感がアップします
ビジネスプロフィール写真ではそのような肌トラブルが無いほうが、ナチュラルに見えます。
コンシーラーはリキッドタイプとスティックタイプの2種類があります。
リキッドタイプは肌なじみが良く、クマなど目の周りに効果を発揮します。
スティックタイプはそばかすやシミ、ニキビ跡の赤みなどのカバーに適しています。
また肌の色味やカバーしたい悩みによって効果的な色というものがあります。
青いクマにはオレンジ系のコンシーラー、シミやそばかすには自身の肌より少し暗めのコンシーラーを選ぶなど、あなたに合った色味を選ぶことが大切です。
複数色あるアイテムだと調整出来て、より自然な仕上がりになります。

【3】ファンデーション

ファンデーションは大きく分けてリキッドタイプとパウダータイプがありますが、ビジネスプロフィール写真ではリキッドタイプがおすすめです。
リキッドタイプはパウダーに比べてカバー力が高く、肌によく馴染んで均質な仕上がりになるからです。
肌が綺麗だと清潔感や明るさがますので、リキッドファンデーションで毛穴や肌トラブルをしっかり隠しましょう
またリキッドタイプはしっかり塗れてカバー力が高いため撮影時にフラッシュが当たるとより美しく写ります。

ビジネスプロフィール写真で清潔感溢れるベースをつくるには

ここからは、ご紹介した化粧下地・コンシーラー・リキッドファンデーションを使った具体的なベースメイクの方法について解説いたします。

ビジネスプロフィール写真の化粧下地の塗り方

  • 1.化粧下地は小豆粒大を手に取って、両頬・鼻・額・顎の5点につけます。
  • 2.量が多すぎるとのっぺりとした印象になってしまうので、少ない量を顔の高いところから受けていきます。
  • 3.5点それぞれ、中央から外側へ手でムラなく伸ばして広げます。
  • 4.広い面積の頬は、中指と薬指の2本を使って内側から外側にすっと塗るとムラなく塗れます。
  • 5.鼻は、下から上へ伸ばしてください。

化粧下地で気をつけること

化粧下地は小豆大程度の量で構いません。
量が多くなると逆にファンデーションがヨレて塗りにくくなってしまい、ムラになりやすくなります
また、最終的な仕上がりがのっぺりとして厚塗り感が強くなってしまいます。
ビジネスプロフィール写真では透明感も出したいので、塗りすぎには注意しましょう。

ビジネスプロフィール写真のコンシーラーの塗り方

コンシーラーはファンデーションの種類によって塗る順番が違います。
パウダーファンデーションの場合には下地の次、リキッドファンデーションの場合は一番最後に塗ります
今回、ビジネスプロフィール写真ではリキッドファンデーションをおすすめしていますので、その場合はファンデーションのあとに、きになる部分に塗ってください。
コンシーラーは広い範囲をカバーできますが、伸ばすのではなく、隠したいところにピンポイントにコンシーラーを置いてトントンと広げてください。
そうすることで肌に馴染み、自然にカバーできます。

コンシーラーで気をつけること

カバー力の高いコンシーラーですが、つけすぎると浮いて見えるので薄く少しずつ塗ります
塗っているところとそうでないところで、色の差があると不自然なのでコンシーラーを乗せた後、境界線は指でぼやけさせましょう。

ビジネスプロフィール写真のファンデーションの塗り方

ビジネスプロフィール写真では、フィット感とカバー力の高いリキッドファンデーションをおすすめします

  • 1.ファンデーションはパール粒大を手の甲に出してから、下地と同様に両頬・鼻・額・あごの5点に乗せていきます。
  • 2.スポンジを使って、両頬を多めに、残りを3点に置きます。
  • 3.まず両頬の中央から外側へさっと伸ばし、その後ぽんぽんとスポンジか指の腹でおさえて肌になじませます。
  • 4.残りの部分も内側から外側へ、鼻は下から上へ伸ばします。
  • 5.指やスポンジのフチを使って、小鼻や目の際など、細かい部分も忘れずに密着させます。
  • 6.ムラなく均一に塗ることで、写真写りもぐっと良くなりますので丁寧に仕上げましょう。

ファンデーションで気をつけること

ファンデーションは指で塗るより、スポンジやブラシを使って塗ったほうが伸ばしやすく綺麗に塗れます。
スポンジは一度水で濡らして使うとツヤが出てムラになりにくいのでぜひ試してみてください。
その場合、スポンジの中までしっかり水を浸透させて、固くぎゅっと絞るのがポイントです。
スポンジ・ブラシどちらの場合も一度にすっと塗るのではなく、ぽんぽん塗りをすると肌によく馴染み、崩れにくくなります。

好印象ビジネスプロフィール写真のメイクならプロに任せる

ビジネスプロフィール写真のベースメイクで重要なのはシミやシワの少ない、明るくて清潔感のある肌感です。
ビジネスプロフィール写真の撮影ではストロボや顔の角度を利用してさらに美しく仕上げることができますが、プロにメイクをお任せすることでその効果が一層発揮されます。
写真館やフォトスタジオにはプロのヘアメイクさんが在籍していたり、他の美容室などの系列であったりと、オプションでプロメイクを受けることが可能です。
ビジネスプロフィール写真は、相手に好印象を与えたい写真なので、第三者の視点から自分を良い写りに仕上げてくれるメイクが必要ですが、プロに任せれば安心です。
また経験豊富なプロの技術があれば撮影時の効果も計算してメイクをしてもらえて、他者から見て好感度の高い写真に仕上がります

ビジネスプロフィール写真をフォトスタジオで撮影するという選択肢

ビジネスプロフィール写真は、できるだけ写真館やフォトスタジオで撮影してもらうのをおすすめします。
メイク以外にも、ライティングやポージング、表情のアドバイスをしてもらえてプロの機材で撮ってもらえるのでより良い写真に仕上がります。
さらにビジネス用のセットや背景を提案してもらえるところや、屋外撮影が可能なところもあり、全体の雰囲気作りもお任せできます。
またお肌の悩みやメイクではカバーしきれないところはプロにレタッチをしてもらうことで、自然で美しい肌質になります
目を引いて好印象を与えるビジネスプロフィール写真を仕上げるために、ぜひプロの写真館で撮影してください。

ビジネスプロフィール写真のベースメイクまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はビジネスプロフィール写真に適したベースメイクについて解説いたしました。
ビジネスプロフィール写真では、できるだけ肌トラブルがない、均一な質感のツヤのある肌が好ましいです
ぜひベースメイクやレタッチ技術を使って、輝くような肌でビジネスプロフィール写真が仕上がることを願っております。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました