【男性版】ビジネスプロフィール写真の撮り方をプロの視点からご紹介

はじめに

弁護士や会社代表、会社員やフリーランスなど、ビジネス活動をするうえで幅広く利用する『ビジネスプロフィール写真』。
自身のビジネスチャンスを広げるためにも、ぜひともビジネスプロフィール写真を撮っておきたいものです。
とはいえ「ビジネスプロフィール写真を撮りたいけど、撮り方がわからない」と悩んでいる男性も多いのではないでしょうか。
そこでこの記事では、男性に向けて、ビジネスプロフィール写真の撮り方をプロの視点からご紹介していきます。ビジネスプロフィール写真の役割から、撮影場所や身だしなみ、ポージングや表情など、カメラマンの経験をもとに解説していきます。
ビジネスプロフィールを撮る際に抑えるべきポイントについても、わかりやすく解説していきますので、ぜひご参考にされてください。

そもそも「ビジネスプロフィール写真」って何?

「ビジネスプロフィール写真」とはその名の通り、おもにビジネスにおいて使うプロフィール写真です。
社内だけでなく、社外へ公開する機会も多いため、一般の目に触れることも多いでしょう。
そのため、好印象を持ってもらえるようなビジネスプロフィール写真を撮影する必要があります

ビジネスプロフィール写真ってどんな時に使うの?

主にビジネスプロフィール写真は、会社の公式HPや、社内用のプロフィール写真として使う場面が多いです。企業のインタビューや会社員紹介などで、ビジネスプロフィール写真を見かける方も多いかと思います。
また、最近ではツイッター・facebook・インスタグラムなどのSNSにも、ビジネスプロフィール写真を活用する人が増えているのです。
このように、ビジネスプロフィール写真は社内外へ向けた、自身のプロフィール写真として使われます

ビジネスプロフィール写真の役割とは?

ビジネスプロフィール写真の役割は、クライアントとなり得る方々に「どんな人が仕事をしているのか」を事前に把握してもらうことで安心感を持たせ、自分に仕事の依頼が来るようにさせる役割があります。
クライアントとなり得る方々に安心感を持たせることで、仕事の依頼や機会を増やすことにつながります。
企業のHPや、SNSアカウントを見たときに、ビジネスプロフィール写真が掲載されている場合とそうでない場合、どちらがより安心感を持てるでしょうか?
どちらかと言えば、ビジネスプロフィール写真を掲載しているほうが安心感がありますよね?
よって、ビジネスプロフィール写真には相手に信頼感や安心感を持たせる役割があるのです。

男性のビジネスプロフィール写真は撮り方によっては逆に仕事の機会を失うことも!?

ビジネスプロフィール写真の撮り方によっては、仕事の機会を失うことも考えられます。
あくまでビジネス向けの写真なので、ビジネスに適さない撮り方をしてしまうと、クライアントも仕事を頼みたいとは思わないでしょう。
ビジネスプロフィール写真の写り方として重要なのは、証明写真や婚活写真のように自分が思うかっこよさを考えて写るのではなく、相手に好印象を持ってもらえるかがポイントです。
上記のポイントを踏まえていなければ、相手にマイナスな印象を与えてしまい、仕事が他に回ってしまう可能性もあります。
せっかくの仕事の機会を失わないためにも、ビジネスプロフィール写真にふさわしい撮り方で撮影しましょう。

男性が適したビジネスプロフィールを撮る際に抑えるポイント

つぎに、男性が適したビジネスプロフィール写真を撮影するために、抑えるべきポイントをご紹介します。
ポイントは、つぎの3つです。

  • 1. 撮影時の身だしなみ
  • 2. 表情・ポーズ
  • 3. 撮影場所・背景

では、1つずつ解説していきます。

【1】撮影時の身だしなみ

男性がビジネスプロフィール写真をとる際に抑えるべきポイント、1つ目は身だしなみです。
身だしなみを整えることは、社会人にとって当然のマナーとされています。
「髪型がボサボサ」「服装が乱れている」といったビジネスプロフィール写真では、良い印象を持ってもらうことはできません。
そのため、ビジネスプロフィール写真にふさわしい身だしなみで撮影することが大切です。
身だしなみで気を付けるべきは、髪型、服装、ひげ・眉です。
本記事にて詳しく解説していきます。

【2】表情・ポーズ

男性がビジネスプロフィール写真をとる際に抑えるべきポイント、2つ目は表情・ポーズです。
ビジネスプロフィール写真では、表情やポーズによっても、相手に与える印象は変わってきます。
相手に与えたい印象や、会社のイメージなどに合わせた表情・ポーズで、ビジネスプロフィール写真の撮影に臨むとよいでしょう。

【3】撮影場所・背景

男性がビジネスプロフィール写真をとる際に抑えるべきポイント、3つ目は撮影場所・背景です。
撮影場所や背景が変わると、ビジネスプロフィール写真としてのあなた自身の印象だけでなく、全体な雰囲気も変わります。
たとえば、暗めな場所でビジネスプロフィール写真を撮影してしまうと、全体的に暗めの印象を与えてしまいますよね?
しかし、明るく開放的な場所で撮影すれば、明るくポジティブな印象を与えることができます。
撮影場所・背景をあまり気にされない方も多いですが、せっかくならこだわってみると良いでしょう。

では早速3点について以下より詳しく解説していきます。

男性のビジネスプロフィール写真にふさわしい身だしなみ

男性がビジネスプロフィール写真を撮る際にふさわしい身だしなみについて、さらに詳しく解説します。

  • 1. 髪型
  • 2. 服装
  • 3. ひげ・眉

この3つについて、それぞれ解説していきます。

男性のビジネスプロフィール写真におすすめの髪型

まず、男性のビジネスプロフィール写真におすすめの髪型について解説します。
ビジネスプロフィール写真を撮影する際には、基本的に前髪はあげるようにしましょう。
前髪が顔にかかってしまうと、相手はあなたがどんな人かがわかりません。
前髪をあげることで、あなたの顔全体が見えるようになり、写真を見る側としては安心できるのです。
また、髪の毛全体の長さについては、ショートの場合はあまり束感は出さず、抑えるようにセットしましょう。
束感を出さず抑えることで、落ち着いた雰囲気のビジネスプロフィール写真になります。
一方、ショートより長い場合は、七三分けでふんわりトップをあげるイメージにセットするのが良いです。
七三分けは、「清潔感がある」や「まじめな人」という印象を与えることができます。

男性のビジネスプロフィールはスーツでかっちりと!

男性がビジネスプロフィール写真を撮る際の服装は、王道のスーツがよいでしょう。
ビジネスにおいて、もっとも一般的な服装はスーツなので、間違いのない服装です。
また、スーツの色は、黒よりもネイビーや濃紺などの方が清潔感が出るのでおすすめします。黒はリクルートスーツを連想させるからです。またネイビーや濃紺は色味の特性として安心感を持たせやすいため、ビジネスプロフィール写真にはもってこいの色味です。
ネクタイの色は、ブルー系やグレー系などの色にすることで、真面目さや落ち着いた印象を与えることができます。
最後にシャツの色ですが、誠実さや真面目な雰囲気のある、白が無難でしょう。
ビジネスプロフィール写真の服装はスーツが一般的ですが、3ピーススーツもありです。
ただ3ピースの場合は、おしゃれやカッコよさばかりに気を配らず、ビジネスシーンに合ったものを選びましょう。

ビジネスプロフィールに最適なスーツ関しては、こちらの記事で詳しく紹介しています!ぜひ、参考にしてみてください!

男性がビジネスプロフィール写真を撮るのに適したスーツは?選び方を解説

男性の場合はヒゲ・眉毛も整えるのをお忘れなく

男性がビジネスプロフィール写真を撮る際は、ヒゲ・眉毛も整える必要があります。
ヒゲの剃り残しがあったりボサボサだと、清潔感にかけてしまい、ビジネスプロフィール写真からマイナス印象を与えてしまします。
また、眉毛は顔の中でも小さいパーツなので、見落としがちな方も多いかと思います。
しかし、眉毛の形や整えられているかどうかによって、相手に与える清潔感や人相がかなり変わってきますので、しっかり整えましょう。

男性であってもビジネスプロフィール写真の撮影には撮影用メイクをした方が良い!

たとえ男性であってもビジネスプロフィール写真の撮影には、撮影用メイクをしたほうがいいです。
「男なのにメイクするのは変じゃないか?」「どうせメイクしても、そんなに変わらない」とお考えの方もいらっしゃることでしょう。
しかし、メイクをすることで、以下のようなメリットが期待できます。

  • 顔色がよくなり健康的な印象を与える
  • 気になるシワやニキビをある程度かくすことができる

近頃は、男性であってもビジネスプロフィール写真の撮影時にメイクをするのは、一般的になってきているのです。
メイクは、好印象なビジネスプロフィール写真を撮影するためのメリットがたくさんあります。
「男だから…」と毛嫌いせずに、この機会に撮影用メイクをされることをおすすめします。

ビジネスプロフィール撮影のヒゲに関しては、こちらの記事で詳しく紹介しています!ぜひ、参考にしてみてください!

ひげはビジネスプロフィール写真でOK?ヒゲが濃い人の対処法も紹介

男性のビジネスプロフィール写真に適した表情・ポージング

男性がビジネスプロフィール写真を撮影するときに適した表情・ポージングがあります
最後に、男性のビジネスプロフィール写真に適した表情・ポージングについてご解説します。

男性のビジネスプロフィールに適した表情

ビジネスプロフィール写真を撮る際は、基本的には歯を見せたハニカミスマイルが良いでしょう。歯を見せることで、より明るく社交的な一面が垣間見え、かつ安心感を持たれやすい表情になります。
与えたい印象によっては、歯は見せず少し微笑む程度に留める表情もありです。弁護士、税理士の方などはこちらの微笑む程度の表情で撮影するのがおすすめです。
明るい社交的な印象か、真面目で誠実な印象を与えたいかなど、それぞれにマッチする表情で撮影に臨みましょう。

男性のビジネスプロフィール に適したポーズ

男性がビジネスプロフィール写真を撮る際のポーズは“体は姿勢を良くして斜めにむけつつも、顔は正面を向いている”ポーズがおすすめです。
このポーズだと、顔の骨格がより美しく見せられるほか、体の骨格も美しく見せることができます。
ビジネスプロフィールの定番となっているポーズなので、間違いということはまずないでしょう。
また、全身写真の場合は足を片方の甲につけて、スラっと立つポーズを心がけると好印象です。

男性のビジネスプロフィール写真におすすめの場所・背景

つぎに、ビジネスプロフィール写真を撮影する際におすすめの場所・背景について解説していきます。
場所や背景は、髪型や服装と同様に重要なポイントなのでぜひご覧ください。

場所はフォトスタジオor野外がおすすめ

ビジネスプロフィール写真の背景は、あなたが相手に思わせたいイメージに近づけさせる、スパイスのような要素なので意外と重要です。
撮影場所としておすすめなのは、つぎの2つです。

  • フォトスタジオ
  • 野外

上記のうち、どちらかと言えばフォトスタジオをおすすめします。
なぜなら、屋内のほうが天候で左右されることもなく、ライティング等もセットしやすいからです。
野外での撮影は、景色のよい公園やオフィス街などでの撮影ができるので、魅力的に感じる方も多いでしょう。
しかし、野外での撮影だと

  • 撮影のセットに時間がかかる
  • 遠い場所での撮影となると追加の料金が発生する可能性もある
  • 撮影可能な時間に限りがある

などのデメリットもありますので、注意が必要です。

出張サービスを利用して会社で撮影するのもあり!

ビジネスプロフィール写真の撮影は、出張サービスを利用して会社で撮影する方法もあります。
フォトスタジオでの撮影と比べて、やや費用は高くなってしまいますが、自分の会社でビジネスプロフィール写真を撮れるのはかなり魅力的ですよね。
ビジネスプロフィール写真を「会社紹介用の資料に使いたい」「仕事をしている姿で撮影したい」と考えている方には、出張サービスもおすすめです。

男性のビジネスプロフィール写真におすすめの背景

男性のビジネスプロフィール写真におすすめする背景は、以下のとおりです。

  • 1.屋内で撮影する場合⇒無地orオフィス
  • 2.屋外で撮影する場合⇒緑あふれる場所

屋内で撮影する場合、背景色の定番は白ですが、グレーやブラウンなど、落ち着いた色でしっかりとした印象を演出できる色も選択肢としてあります。さらに普段から使用しているオフィスでも良いです。撮影するからには多少綺麗に片付けてくださいね!
また、あまり屋外でビジネスプロフィール写真を撮る人は少ないので、どうしてもという理由がなければ、屋内での撮影が無難です。
あなたがビジネスプロフィール写真からどんな印象を伝えたいのか?を考え、背景を選んでくださいね。

ビジネスチャンスを広げていきたいのならプロのカメラマンに撮ってもらう

ビジネスプロフィール写真からビジネスチャンスを広げたいのであれば、プロのカメラマンに撮ってもらとよいでしょう。
プロのカメラマンであれば、あなたをより好印象にアピールできるビジネスプロフィール写真を撮影してもらうことが可能です。
今回ご紹介したとおり、ビジネスプロフィール写真の撮り方には、さまざまなポイントがあります。
髪型や服装は、自分自身でなんとか準備できるかもしれません。
しかし、メイクや撮影場所、表情・ポーズについては、素人にはわからないことだらけです。
「時間をかけて準備してビジネスプロフィール写真を撮ったけど、イマイチ…」といったことにならないためにも、ビジネスプロフィール写真はプロのカメラマンに撮影してもらうことをおすすめします。

自撮りのビジネスプロフィール写真はNG?

ビジネスプロフィール写真は自分で撮影することもできます。
しかし、ハッキリ言ってしまうと、自撮りのビジネスプロフィール写真はNGです。
なぜなら、自撮りのビジネスプロフィール写真は、自身の主観で撮影したものであり、他人から見た印象を考慮されてないからです。
相手からどう見られているのかを客観的に捉えた1枚の方が、クライアントからどう思われるのかがわかるでしょう。
加えて、素人に撮ってもらうよりもプロに撮ってもらったほうが、ビジネスプロフィール写真の写りが圧倒的に違います。
独りよがりのビジネスプロフィール写真となってしまうので、自撮りは避けましょう

男性のビジネスプロフィール写真についてのまとめ

いかがでしたか?
今回は、男性へ向けてビジネスプロフィール写真の撮り方を解説しました。
カンタンに、今回の内容を整理しましょう。
男性が適したビジネスプロフィールを撮る際に抑えるポイントは、つぎの3つです。

  • 1.撮影時の身だしなみ(髪型、服装、ひげ・眉)
  • 2.表情・ポーズ
  • 3.撮影場所・背景

上記のポイントをすべて抑えたビジネスプロフィール写真を撮影するのは、素人だけでは難しいでしょう。
失敗しないためにも、ビジネスプロフィール写真の撮影は、プロのカメラマンに依頼するのが賢明です。
プロに任せて、素敵なビジネスプロフィール写真を撮影してくださいね。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました