婚活・お見合い写真でカラコンはNG?好印象を叶えるアイテムの特徴をご紹介

はじめに

普段からカラコンを愛用している女性からすると「婚活写真でカラコンなしのメイクはありえない!」そう感じるかもしれません。
しかし実は、お見合い写真や婚活写真でいつもと同じカラコンで撮影すると、異性に対し好印象どころか悪印象さえ与えかねないのです。
では婚活写真やお見合い写真で、カラコンをつけて撮影することはNGなのでしょうか?お答えしていきましょう!
この記事では第一印象で選んでもらえる好印象なカラコンや、その特徴をわかりやすく解説してきます。
失敗しない婚活写真を残すためにも是非ご覧ください!

お見合い写真・婚活写真で男性に選ばれるのが成功の第一歩

「ドキドキしながら婚活サイトに登録したのになかなか声が掛からない‥。」
早く人生のパートナーとなりうるお相手に会いたいのに、時間だけが過ぎていくこと程、もどかしいものはありませんよね。
お見合い写真や婚活写真は、就活でいう書類審査と同じです。まず写真の段階で男性の目に止まり選んでもらえなければ、残念ながら意味がないのです。そのためお見合い写真は、男性目線の意見を意識して撮影することがとても大事。自分なりに「可愛い」「盛れてる」と思える写真では男性から選ばれないこともしばしば。
男性に好まれるメイク、ヘアスタイル、もちろんカラコンも、まずは素直に取り入れて婚活写真を撮影してみてください。写真を更新したらきっと異性から声がかかりやすくなるでしょう。
では男性に選ばれる婚活写真の特徴を学んでいきましょう。

詐欺お見合い写真は控えましょう

書類審査を通過するために、頑張って撮影した「婚活写真」。しかし2次審査とも言える初対面で気に入ってもらえなければ、結婚まで進むのは難しいでしょう。そのため、いわゆる“詐欺お見合い写真・婚活写真”になるのは避けてください。
婚活写真はお会いした時に詐欺だと思われるほど、雰囲気を変えてしまわないようにメイクやレタッチに気をつける必要があります。
「騙された」という印象から始まるのと「イメージ通りの方」という印象から始まるのとでは、その後の信頼関係に大きな影響を及ぼすのは、間違いありませんよね?
しかし婚活写真のポイントを押さえれば、対面時のギャップを押さえつつ、印象の良い写真を撮ることが可能です。また写真詐欺と感じさせないためにも、信頼できる第3者に見てもらい、客観的な意見として、

  • ・実物と変わり過ぎていないか
  • ・詐欺のような印象を与えていないか

と言った、正直な意見を聞くことをおすすめします。

お見合い写真でカラコンはNG?

結論から言うと、婚活写真においてカラコンがNGかどうかはカラコンの選び方次第です。
種類によってはNGなものもありますが、婚活写真に適したカラコンを使用することで、印象アップを狙うこともできます
では婚活写真でカラコンを着用するメリットをまずご紹介します。

カラコンがNGとはならない理由

婚活写真でカラコンをつけても良いとされる理由の一つに、目が大きく強調され女性らしさや華やかさがアップするという理由があります
黒目が小さい人は見た目の印象がきつくなってしまう場合もあり、カラコンを入れ瞳を大きく見せることによって、柔らかく優しい印象を与えることができるようにもなります。日本人は黒目が多いため、カラコンで瞳の色を少し変えるだけで垢抜けた印象を与えやすくなるため、婚活写真でカラコンを入れても問題はありません。
しかしお見合い写真や婚活写真に適したカラコンの特徴は、しっかり押さえておきましょう。

お見合い写真におすすめのカラコンの特徴とは?

では早速婚活写真・お見合い写真においておすすめのカラコンの特徴をご紹介していきます。押さえておきたいカラコンの特徴はおもに3つあります。

  • ⑴着色直径
  • ⑵色
  • ⑶柄

これらの3つのカラコンの特徴を押さえるだけでも、婚活に適した印象の良い目元を作ることができるため、是非覚えておきましょう。

【特徴1】着色直径

婚活写真では、着色直径が12〜13.8以内のカラコンを選ぶことをおすすめします。
日本人女性の瞳の大きさは平均11mm〜12mmです。瞳の大きさよりも少し大きめなカラコンを選ぶことで不自然さなく目を大きく見せ女性らしさを高めることが可能です。
また少し大きめのカラコンで写真を撮ることで、潤った綺麗な目に見えやすくなる効果が期待もできます。

しかし、着色直径が13.9以上になると黒目と白目のバランスが崩れてしまうため要注意です。特に目の小さな女性が目を大きく見せるために大きなカラコンを着用すると、白目がなくなり、不自然な印象になる可能性が高くなります。
それで自分の目の大きさに合わせて、着色直径を選ぶようにしましょう。

【特徴2】色

アジア人らしい黒目の人は、暗めのブラウンがおすすめです。
黒い瞳も日本人女性らしく素敵ですが、ブラウンはより柔らかな印象になり、女性らしい雰囲気を醸し出すことができるからです。
しかし婚活写真のカラコンで、ブルー系やグリーン系はあまりおすすめできません。
なぜかというとお見合い写真は、将来の結婚相手を探す大切な写真です。
色が派手なカラコンは、それだけで「遊んでいる」「個性的」と言うマイナスの印象を与える可能性が高くなり、対象からすぐに除外されかねないからです。
それで清楚で女性らしい雰囲気を演出するためにも、できる限り自然なブラウンを選ぶことをおすすめします。

【特徴3】柄

婚活写真のカラコンの柄は、フチなしのシンプルな柄が無難でおすすめです。
派手な柄がついているカラコンは、撮影時のフラッシュや自然光によってカラコンの柄が目立ってしまい、怖く映ってしまいます。
さらにフチありのカラコンは写真で確認すると、フチが強調され写っているように見えることがあったり、見方によっては爬虫類のような印象を与えてしまう危険もあります。
フチなしやシンプルな柄にすることによって、自然な瞳に映りますので柄の度合いにも気を配りましょう。

お見合い写真でカラコンを使用する時に気をつけること

鏡で見た瞳の色と、実際にカメラで撮影した時の見え方は異なる場合があります
特に屋外で撮影した場合は目に光が入り過ぎ、思っていたよりも瞳が明るく見えることがあります。
それでカラコンを着用した状態で、まずは自分のカメラで試し撮りしてみると、自分のイメージと違うといったギャップを防ぐことが可能です。
さらに婚活写真の服装、メイク、髪型と瞳の色が合っているかということにも気を配る必要があります。
瞳の色はその人の色素の濃さが関係しているため、黒髪の女性は瞳の色も黒色になります。
しかし柔らかな雰囲気を演出しようとして明るいブラウンのカラコンを選ぶと、顔のトータルバランスが崩れ、その人本来の魅力が失われてしまう可能性もあります。
全体の雰囲気とのバランスにも気を付けてカラコンの大きさや色、柄を選んでいきましょう。

婚活を成功させるお見合い写真はスタジオ撮影がおすすめ

失敗しない婚活写真を撮りたいのであれば、やはり撮影は写真スタジオがおすすめです。
プロの写真家は光の角度や、目にどれほど光を入れるかなど瞬時に考えて撮影していきます。万が一あなたが選んだカラコンが、あなたの魅力を邪魔するのであれば、カメラマンは的確に優しくアドバイスしてくれますよ。たとえ違和感を感じる写りになったとしてもレタッチによってナチュラルに目元を修正してくれます。これはプロだからこそ出来る技です。
また自然なポージングのアドバイスも与えてくれるので、より良い婚活写真に仕上げることが可能です。
さらに自分では難しい修正なども適度におこなってくれますので、婚活写真でカラコンを着用したい方は、写真のプロに全てお任せするのが安心です

お見合い写真のカラコンまとめ

今回は婚活写真のカラコンについて解説してきました。
目は写真全体の印象を左右するとても大切なパーツです。
「この人に会ってみたい!」そう思わせるためにも、婚活写真には特別の注意を払う必要があります。
それで婚活写真に適したカラコンのサイズや色、柄の特徴をしっかり押さえて撮影に挑むようにしましょう
あなたの人生を決める大切な婚活写真、プロの技術に頼って最高の1枚を是非残してくださね。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました