【男子向け】成人式写真の服装選びまとめ|袴とスーツの選び方ポイント

はじめに

  • 「男子の成人式写真は何を着たらいいの?」
  • 「成人式写真は自前で購入した服装のほうがいいのかな?」

など、男子で成人式写真の服装について悩んでいる学生もいらっしゃいますよね。
成人式写真の撮影前の準備を万全にすることで、より自分らしく素敵な写真が撮影できますよ。

今回は男子の成人式写真での服装について解説いたします。
是非参考にしてもらい、成人式写真撮影の役に立てれば幸いです。

男子の成人式写真の服装、何から検討したらいい?

待ちに待った成人式。その前撮りとなる成人式写真でも、二十歳の記念に素敵な撮影を行いたいですよね。
そのためには、まずは服装選び。服装と言っても成人式写真の撮影時に着用する服装はなんでも良いわけではなく、タイプや色柄、小物まで考える事は結構あるのをご存知でしょうか?
ここからはそんな男子の成人式写真の服装の種類・レンタルについてご紹介していきます。

男の成人式写真の服装1:袴?スーツ?普段着?

まず、成人式写真の服装では何を着用するべきなのか、考える方が多いでしょう。
そんな男子の成人式写真の服装で一般的に思いつく服装はスーツかと思います。
実際約7割の男子が成人式写真でスーツを着用しているため、“成人式衣装=スーツ”と考える若者が多いのではないでしょうか?
しかし「いつもと雰囲気を変えたい!」となれば、成人男性らしさを演出する“袴”を選択しても全然OKです。
袴は今後着用する機会が少ないため、記念として袴で撮影するのも思い出になります。

また、男子の成人式写真で普段着は避けたほうが良いでしょう。
カジュアルすぎると誠実さに欠ける印象を受けますし、なにより袴やスーツであると男を3割増しでかっこよく見せます。
男子の成人式写真では袴やスーツのどちらかから選択してみましょう。

男の成人式写真の服装2:レンタル?購入?自前?

成人式の服装では袴かスーツかのどちらかが好ましいスタイルと説明しました。
しかしどちらも金額が高いと思われる若者が多く、用意する手段をレンタルか購入か悩む場合が多いです。
準備手段はどちらを着用するのか、によって決めると良いですよ。

《成人式写真でスーツを着用する場合》
スーツの場合は成人式当日や社会人になってからを考慮すると購入が良いでしょう。
一式揃えると約3万円。最近は洗えるスーツやシワになりにくい高性能スーツも手ごろな値段で購入できるため、さまざまなスーツを見ておくと良いです。
《成人式写真で和装袴を着用する場合》
袴の場合にかかる費用は、レンタルは一式で約2~4万円、購入は単品で5万円以上。
レンタルの場合は羽織や小物類なども合わせてのセット価格が一般的のため、大変お求めやすい価格です。
一生に何度も袴を着る時代ではないため、こだわりがそこまでなければ似合う袴をレンタルした方がトータルは安いと言えます。
レンタルとはいえ、コーディネートの幅も広く、とてもかっこいいものが揃っているので、袴の場合はレンタルを選択しても良いですね!

男の成人式写真の服装3:式当日と撮影日の服装は一緒?

成人式写真では式当日と撮影日の服装は一緒にするのが基本ですが、違う衣装にしても問題はありません。
とくに、袴は人生で着用する機会はないため「撮影は袴」「式当日はスーツ」などと現在では使い分けているおしゃれ男子も増えています。
とくに成人式では袴を着用する男子はまだ少なく浮いてしまうことも。記念の一枚に撮影だけでも袴を着用しても良いでしょう。

【和装】男子の成人式写真の袴の選び方

ではここからは、袴を着る場合の成人式写真にふさわしい袴の選び方について解説しましょう。
袴は日常の生活で着用する機会がなく特別感を演出できます。そのため、男子の成人式写真では袴を選択する方が多く大変人気です。
成人として大人っぽさも出しつつ、加えて日本男児としてのかっこよさも演出しつつ、成人式写真に適した袴をご紹介します。

成人式写真の袴選び1:和装の種類

基本的に和装には「行灯袴(あんどんばかま)」と「馬乗袴(うまのりばかま)」があります。
行灯袴は中に仕切りがなくロングスカートのような形状をしており、馬乗袴はズボンのように中に深い仕切りがある袴です。
一般的にどちらを選ぶのか正解はありませんが、近年は正式に着る袴は男女とも「行灯袴」が多い傾向にあります。

成人式写真の袴選び2:袴の色味から選ぶ

袴の色は着ている人の印象を大きく左右します。
成人式写真でもイメージが変わるため、自分に合った色を選択していきましょう。
ここからは成人式写真にふさわしい主な袴の色別に、与える印象やイメージについてご紹介します。
ぜひ自分に合う色味を選んでくださいね!

成人式写真におすすめの袴色:黒

引用:京都かしいしょう
袴の色でも毎年特に人気の色は「黒」です。
黒は日本人特有の誠実さや真面目さを印象づけられ、袴を着用して目立ちたくない男子には大変おすすめの色となります。
流行に流されない本来の袴スタイルですので、何色を選べば良いか自信のない人は黒を着ておけばまず間違いはありません。

成人式写真におすすめの袴色:赤

引用:貸衣装ぽえむ
「赤」は太陽のように明るく情熱的な印象をうえつけられます。
黒とは反対に際立つ色なので、より目立ちたい男子にはおすすめです。
お祝いの色にも使われる赤。そんな縁起の良い赤を選択してみても良いでしょう。

成人式写真におすすめの袴色:青

引用:袴レンタルジャパン
スマートに見え、爽やな印象を与えるのが「青」です。
青はより引き締まって見え、若々しく見えるのも特徴になります。
シルバーなどと合わせると、二十歳の成人らしくより映えるのもいいですね。

成人式写真におすすめの袴色:白

引用:貸衣装ぽえむ
清潔感の代名詞でもある「白」。
白はダーク系との相性がとても良く、羽織と袴で合わせるとよりスタイリッシュに仕上がります。
黒に次いで人気なのがこの白!白を着用して硬派なイメージを出していきましょう。

成人式写真の袴選び3:袴に合わせた小物を選ぶ

成人式写真では袴に合わせた小物選びも1枚の写真の写りや全体のバランスをよくするポイントです。
小物は本人のセンスがあらわれ、袴をより一層美しく見せます。ここからはその小物について見ていきましょう。

成人式写真の袴の小物1:扇子

袴の小物の代表的なものは「扇子」です。
扇子は涼をとるだけではなく、末広がりの形状から縁起物としてお祝いごとに使用されています。
とくに成人式でも扇子を取り入れる男子も多く、そのバリエーションはさまざま。
扇子のデザインは、単色から複色、絵柄付きなどいろんなタイプがあり、主に黒や白はスマートな印象を残せるため、大変人気です。
あわせてシルク生地やモダンデザインは男性の紳士なイメージにぴったりでおすすめになります。

成人式写真の袴の小物2:草履・雪駄

最近では普段のカジュアルの場でも使用するシーンが多い「草履・雪駄」。
成人式写真では意外と足元を見られる場合もあるため、草履・雪駄は清潔感のある袴に合ったものを履きましょう。
とくに人気なのが、黒やグレーのシンプルなデザイン。
「あくまで主役は袴」とあえて出すぎない色合いがポイントで、袴との相性も抜群です。

袴の着付けには「足袋」と「インナー」を持参しよう

成人式写真の袴の着付には「足袋」と「インナー」は必ず持参しましょう。
足元を美しく見せるだけではなく、袴との組み合わせが良く全体のバランスが取れます。
デザインは白であれば間違いありませんが、ナチュラルなグレーも袴には合うので、着つけのプロと相談してみると良いですね。

成人式写真の袴の小物3:和傘
和装をより和風な雰囲気を演出してくれるのが日本伝統工芸品「和傘」。
和傘も袴の色味よって変えてアクセントをつけるとよりカッコ良い印象に仕上がります。
また、ポージングによっては傘を開いたり、閉じて担ぐだけでも日本男児感を演出できますよ。

【スーツ】男子の成人式写真のスーツの選び方

男子の成人式写真でスーツを着用すると、すらっとスマートに見え大人な印象を残せます。
また、着用したスーツは就職後も使用できるため、男子の成人式写真でスーツを選択するメリットは多いです。
ここからはそんな男子の成人式写真のスーツの選び方について解説していきます。

成人式写真のスーツ選び1:ジャケット・パンツ

スーツの中でも最も視線がいきやすいのが「ジャケットとパンツ」です。
ジャケットやパンツは着用するサイズ感やカラーによってその人のイメージは大きく変わってきますので、成人式写真の正しいルールにしたがい、魅力的な自分を演出していきましょう。

成人式写真のジャケットとパンツはサイズ感が重要

男子の成人式写真のジャケットにおいて、より重要なポイントは「サイズ感」です。
大きすぎても野暮ったく見えてしまうし、小さすぎても窮屈でひ弱な印象を受けてしまいます。
そのため、肩幅、胸まわり、胴まわり、袖の長さ、着丈、背中のサイズ感が適切かどうかチェックしましょう。
パンツにおいても裾の丈、脚の形にフィットした作りかどうか見る必要があります。
自分で判断が付かない場合は、購入時にプロに確認してもらうのが一番です。
またはオーダーメイドをして自分の骨格にあった世界で一つだけのスーツを着用するのも粋です。

新成人に人気のジャケットカラーは「黒」「グレー」

新成人に人気のジャケットカラーは「黒」と「グレー」です。パンツも同じ色でも良いですが、上下あえて揃えない形もありです。
人気の理由は落ち着いた色で大人な雰囲気が出る点と、長い目で見て成人式が終了後の就活や冠婚葬祭などで何度も着用できる点になります。
黒やグレーであれば、これから紹介するネクタイやワイシャツの色でこまる場面は少なく、合わせやすいのも特徴です。

成人式写真のジャケットやパンツはシンプルな柄が人気

黒かグレーのジャケットを選んだら、柄も「シンプル」がおすすめ。
せっかくの成人式で派手な服装でのぞみたい気持ちもわかりますが、ジャケットで個性を出すことは実はとてもむずかしいです。
人によっておしゃれと感じるポイントも違うため、シンプルな柄を選び、個性を出す場合はネクタイなどで差別化を図ると良いでしょう。

成人式写真のスーツ選び2:ネクタイ

男子の成人式写真でジャケットと並んで重要なポイントは「ネクタイ」です。
ネクタイは、襟元の印象から自分の第一印象まで左右する大事な要素になります。
柄や色味によって写真が残す雰囲気は変わってきますので、これから解説する内容をチェックしておきましょう。

シンプル柄!華やか柄!どちらも素敵

ネクタイの柄は「シンプル」「華やか」どちらも黒やグレーのスーツには最高の組み合わせです。
シンプルな柄で全身を落ち着いた印象を持たせてもいいですし、華やか柄をチョイスして自分の気持ちを高めつつ相手からの注目度を上げても良いでしょう。
いずれにしても落ち着いたジャケットの色には映えますので、自信を持って選択していくといいですね。

ご自身の雰囲気に合った色味をチョイス

黒やグレーのスーツにはどんな色も合わせやすいので、結局ネクタイは「自分の雰囲気に合った色味をチョイス」するのがポイントになります。
好きな色で決めてもいいですし、悩んだら季節の色で決めても良いでしょう。
成人式の季節は冬のため、ブルーやネイビーは時期にもピッタリです。
爽やかさを演出でき、さらにはスマートさもプラスされ、より大人な印象を出せます。

成人式写真のスーツ選び3:ワイシャツ

男性の成人式写真では「ワイシャツ」にもこだわっていきましょう。
良質なスーツやネクタイを選択しても、ワイシャツの選び方をあやまってしまえば、せっかくのスーツも台無しになってしまいます。
これから解説するポイントを参考にしてもらえれば幸いです。

ネクタイ・ジャケットとの統一感が重要

ワイシャツの選び方は「ネクタイ・ジャケットとの統一感」が重要です。
ワイシャツは全体のバランスを決める大切な要素になり、ネクタイとジャケットの良さを引き出すためにも、優秀な脇役でいる必要があります。
スーツはストライプ、ネクタイはドット、シャツはチェックなんて柄物合わせてしまうとお笑い芸人の衣装のように統一感はなく、演者のようになってしまいます。
そのためにも色や柄は抑えめかつシンプルなものがいいですね。

悩んだら白かサックスのワイシャツがおすすめ

ワイシャツで悩んだら「白かサックス」でまとめておけば間違いありません。
白かサックスであれば、ネクタイやジャケットの良さを存分に引き出せ、見ている人からは爽やかな印象を受けます。
男子の成人式写真では清潔感がなによりも大切なので、その点からかんがえても白かサックスのワイシャツはどのシーンでも不動の人気を誇っています。

成人式写真のスーツ選び4:小物アイテム

成人式写真で自分の魅力を最大限に引き出してくれるのが「小物アイテム」です。
小物アイテムで雰囲気を変えてくれ、できる男へとランクアップさせてくれます。
ここからはそんな小物アイテムについて見ていきましょう。

成人式写真のスーツの小物1:ネクタイピン・カフス

ネクタイピンやカフスは、男性の利用できる数少ない小物アイテムのひとつです。
ネクタイピンはネクタイのずれを防ぐため、カフスはシャツの袖口を固定するためのイメージがありますが、それだけではありません。
成人写真でネクタイピンやカフスをとめている男子は少なく、個性を発揮できる点が特徴的です。
そのため、ほかの男子と差を付けてより魅力的に見せたい場合は、つけて撮影にのぞみましょう。
とくにカフスはさまざまな色やデザインがありますので、自分の雰囲気に合わせて選ぶことをおすすめします。

成人式写真のスーツの小物2:革靴

成人式写真では「革靴」にも気を配っていきましょう。
シンプルに黒のビジネス向けの革靴が無難で、黒やグレーのスーツとは相性が良いです。
加えて、清潔感は写真撮影ではもっとも重要なポイントですので、撮影前には靴磨きをおこなって爽やかさを演出するといいですね。

男の子の成人式写真の服装まとめ

いかがでしたででしょうか。
今回は男子向けの成人式写真の服装選びを袴とスーツにわけて解説しました。
服装のポイントを知ることができたでしょうか。
自分に合った袴やスーツを選べば、成人式写真もより魅力的に撮影できます。
二十歳の記念に素敵な撮影を行っていきましょう!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました