婚活写真もデータで使うのが主流の時代!データ化について解説

はじめに

  • 「婚活写真ってデータでも写真を持っておいた方が良いのか迷っている」
  • 「婚活写真をデータで持っておくメリットが知りたい」

このような疑問をお持ちの方には、今回の記事をぜひ読んでいただければと思います。

今回は婚活写真・お見合い写真におけるデータ化の必要性から保管方法まで細かく解説していきます。
せっかくの婚活を写真で台無しにしないために、しっかりと準備しておきましょう。

婚活写真は必ずデータでも用意しておきましょう

結論からお伝えすると、婚活写真は必ずデータでも持っておくことを強く推奨します。
データ化が主流になってはきていますが、現像写真でしか手元に用意していないという方が中にはいらっしゃいます。
まずはじめに、婚活写真をデータで持っておく必要性の部分から解説していきます。

婚活写真のデータを用意しておく理由

婚活写真のデータを用意しておくべき理由は大きく下記3点が挙げられます。

  • 1、婚活相談所の登録時に求められるから
  • 2、婚活アプリのプロフィール写真にできるから
  • 3、気になる方との連絡でいつでも送ることができるから

それぞれの理由と利点を説明していきます。

【1】婚活相談所の登録時に求められるから

理由の1つ目は、「婚活相談所の登録時に必要になる」というものです。
さまざまな情報をデータで管理する現代においては、婚活相談所も例外ではありません。
登録時には写真データが必要となるケースが大半です。
婚活相談所側も数多くのクライアントを管理するためには写真が必須となるのです。
また、あなた自身の婚活をスムーズに進めていくためにも写真データが必要と捉えて、事前に準備しておくようにしましょう。

【2】婚活アプリのプロフィール写真にできるから

2つ目の理由は、「写真データを持っておくことで婚活アプリのプロフィール写真に設定する事ができる」ということです。
プロフィール写真が無くてもアプリのサービスは利用できるかもしれませんが、写真が設定されていた方が絶対に成功率は上がります。
自分が婚活相手を探している側でイメージするとわかりやすいですが、写真つきのプロフィールの方が確実に興味を持ってもらいやすいです。

【3】気になる方との連絡でいつでも送ることができるから

3つ目は「気になる方との連絡でいつでも送ることができるから」という理由です。
自分が気になっている相手とのやり取りの中で、写真を送るシチュエーションになった時に婚活写真をデータで持っていれば、すぐに対応することができます。
どんなタイミングで必要になってもいいように、写真のデータ化はとても重要です。

婚活写真データを用意するにはどうしたら良いの?

それでは、婚活写真をデータで用意するためにはどうすれば良いのでしょうか。
2パターンの方法に分けてご紹介します。

⑴写真館やフォトスタジオに依頼する

まず最もポピュラーな方法として、写真館やフォトスタジオに依頼するという方法があります。
フォトスタジオにいるカメラマンの多くはプロの方。普段から写真データにも慣れているため、必要なサイズ・ファイル形式などと素人では不慣れなデータの知識も豊富。そのため依頼すればまずすぐ利用できる状態でもらうことが出来るでしょう。
撮影をお願いする際に写真をデータでも用意して欲しいという旨を伝え、現像写真とデータ写真の両方を受け取るようにしてください

⑵現像写真をスキャンしてデータ化する

もう1つの方法として、現像写真のスキャンを行いデータ化するという方法です。
この方法でも出来なくはないのですが、あまりおすすめはしません
理由は現像写真のスキャンでは画質が悪くなってしまうからです。
写真そのものからデータへ変換する作業を行うため、元々データ化された写真のようには綺麗になりません。
極端に暗くなってしまうこともあるため、最終手段として考えておきましょう。

婚活写真データにおいて気をつけること

ここまで、婚活写真データ化の必要性と用意する方法についてお伝えしてきましたが、そのほかにデータを扱う上で、気をつけておいて欲しいポイントを記載します。

注意点1:漏洩防止を徹底して保管する

はじめに気をつけておきたいことは写真データの漏洩です。
データの写真は現像写真とは違いオンライン上で扱えるため、誤って誰でも見られるようなSNS・インターネット上にアップしてしまうと不特定多数の人に閲覧されてしまいます。
あなたの大切な個人情報を守るためにも、自分にしか見られない場所にデータを保管するようにしてください。

おすすめの保管方法

おすすめの保管場所は、自身のスマートフォンもしくはPC内のフォルダに保管しておく方法です。具体的には、スマホ・PC・Gmail・クラウド上が好ましいでしょう。
これらは基本的にはパスワードがかかっていて、自分にしか見られない場所になるためセキュリティ面でも安心です。
また、誤って写真データを削除してしまった場合に備えて、Gmailやクラウド上にも保存しておくことを推奨します。

注意点2:闇雲に多数の媒体に登録しない

データ化された婚活写真を媒体に登録する際には気をつけて欲しいことがあります。
それは掲載先が信頼のできる場所もしくはサイトなのかという点です。
可能性として個人情報を不適切に管理しているケースも想定されます。
そのため婚活写真データを使う場合には、掲載先が信頼に足る場所なのかということを見極める意識を忘れないでください。

注意点3:データのサイズは指定通り用意する

最後の注意点として写真データのファイル形式は必ず確認しておくようにしてください。
結婚相談所によって使える写真のサイズ(px)やファイル形式(jpeg,png)の指定が異なる場合があります。
写真のデータをアップロードする関係でこういった調整は必要になります。
写真サイズに関しては選べるのであれば、変更する必要が発生した場合に備えて少し大きめのサイズで持っておくことをおすすめします。

婚活写真データのまとめ

最後までご覧になっていただきありがとうございます。
この記事を通して婚活写真データ化の必要性を知ってもらえましたら幸いです。
婚活を進める上で、データ版の写真は必須アイテムです。
あなたの大切な婚活を成功させるためにも、この記事を参考に婚活写真データを準備してください。
素敵な写真で婚活を進めていただけることを願っております。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました