ぽっちゃりでもマタニティフォトは撮れる!体型をカバーできるアイデアを紹介

本サイトはプロモーションを含む場合があります。
ぽっちゃりでもマタニティフォトは撮れる!体型をカバーできるアイデアを紹介0

はじめに

「思い出としてマタニティフォトを撮影しようとは思ったものの、ぽっちゃり体型だから写真に残すのも気が引ける」

そんな、タニティフォトの撮影で悩んでいる方のために、今回は体型をカバーできる工夫を解説します!

  • ・ぽっちゃりさんにおすすめのマタニティフォト衣装
  • ・ぽっちゃりさんにおすすめのマタニティフォト撮影方法
  • ・写真スタジオでマタニティフォトを撮影した方が良い理由

この記事では上記について解説しています。
体型が気になるけどマタニティフォトは撮りたいという人は、ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね。

ぽっちゃりさんも工夫すればおしゃれなマタニティフォトを撮れる!

ぽっちゃりでもマタニティフォトは撮れる!体型をカバーできるアイデアを紹介1
  • 「元々の体型がぽっちゃり」
  • 「妊娠してから体型が変わってぽっちゃりになった」

などなど、今の自分の体型が気になってマタニティフォトを撮りたくないと思うかもしれません。
ですが、以下のような工夫をすれば体型が気にならないマタニティフォトになりますよ!

  • ・体型をカバーする服装を選ぶ
  • ・小物を使って体型を目立たなくする
  • ・お腹にフォーカスして撮影する

ぽっちゃりさん向けの、体型が気にならない写真撮影の工夫を以下で解説していきます。
後で「撮っておけば良かった」と後悔しないために、ぜひ読み進めて実践してみて下さい!

【ぽっちゃりさん向け】マタニティフォトでおすすめの衣装

ぽっちゃりでもマタニティフォトは撮れる!体型をカバーできるアイデアを紹介2

ぽっちゃり体型の人がマタニティフォトを撮影する時に、体型をカバーできるおすすめの衣装があります。

  • ・ワンピース
  • ・デニム×ニット
  • ・マタニティドレス×カーディガン

上記のような衣装にすると、体型の気になる箇所をカバーできますよ。
それぞれの衣装がおすすめの理由について解説していきます。

ワンピース

ぽっちゃりさんのマタニティフォトの撮影におすすめな衣装、1つ目は「ワンピース」です。
ワンピースは全身を覆う形になるので、

  • ・お腹
  • ・二の腕
  • ・脚

など全身の気になる部分を隠せますよ!
下腹部を手で支えてあげると、妊娠している様子が分かりつつも体型の気になる部分は隠れたままになるので、マタニティフォトの撮影におすすめな衣装です。

デニム×ニット

ぽっちゃりさんのマタニティフォトの撮影におすすめな衣装、2つ目は「デニムxニット」です。
デニム、ニット共に大きめ、ゆったりとしたサイズを選ぶことが大切です。
大きめサイズを着ることで体の気になる部分を隠しつつ、カジュアルでおしゃれな雰囲気のマタニティフォトが撮れます!

また、デニムとニットの組み合わせは旦那さんとのペアルックにしやすいコーデです。
二人で衣装を揃えれば、仲の良さが伝わるマタニティフォトになりますよ。

マタニティドレスxカーディガン

ぽっちゃりさんのマタニティフォトの撮影におすすめな衣装、3つ目は「マタニティドレスxカーディガン」です。
マタニティドレスはお腹部分が外に出るドレスのことで、マタニティフォトらしさが出る衣装なので着たいと思う人も多いのではないでしょうか?

このドレスの上からカーディガンを羽織ることで、太さが気になる二の腕を隠せます!
また、腰から下はフワッと広がるようなデザインになっているので、足の太さもカバーできてしまいます。

体型が気になるけどマタニティドレスを着たい、という時は、カーディガンも羽織ることをおすすめします。

【ぽっちゃりさん向け】体型を気にせずにマタニティフォトを撮れるアイデア集

ぽっちゃりでもマタニティフォトは撮れる!体型をカバーできるアイデアを紹介3

続いては、ぽっちゃりさん向けの体型を気にせずにマタニティフォトが撮れるアイデアを紹介します。
以下のような工夫をすると、自身の気になる箇所をカバーできますよ。

  • ・サッシュベルトを巻く
  • ・ボディペイントをする
  • ・お腹をアップにして撮影する
  • ・シルエット撮影をする

それぞれの工夫について解説します。

サッシュベルトを巻く

腰周りが気になるぽっちゃりさんには、サッシュベルトがおすすめです。

「サッシュベルト」とは、留め金具のない腰に巻く幅広のベルトのことを指します。
マタニティフォトで使用するサッシュベルトは「マタニティサッシュベルト」と呼ばれ、花のブーケや冠、レースが飾られたリボンです。

このマタニティサッシュベルトは巻くことで肌の露出を減らし、気になる腰周りのカバーもできるおすすめのアイテムです!

子どもが生まれた後の撮影にも使えば、マタニティフォトとの繋がりを感じられる写真になりますよ。

ボディペイントをする

お腹を出したマタニティフォトを撮影したいけど、お腹が大きすぎると感じるぽっちゃりさんには、ボディペイント(マタニティペイント)を施すことをおすすめします!

英語でお腹を意味する「Belly(ベリー)」から「ベリーペイント」とも呼ばれるマタニティ時のボディペイントは、写真を彩るだけでなく、安産祈願という思いで描きます。
お腹全体にペイントを施すので、お腹の大きさが気にならなくなりますよ。

また、マタニティのボディペイントでは肌への影響が少なく洗い流しやすい水性塗料を使うので、自身の肌や赤ちゃんへの影響は考えなくても大丈夫です。

元々の体型が大きいせいで妊娠が相まってお腹の大きさが気になる、といったぽっちゃりさんにはボディペイントがおすすめです。

お腹をアップして撮影

妊娠したお腹をアップにして撮影してしまえば、体の気になる部分は写りませんよね。
シンプルな解決方法ながら、ぽっちゃりさんの体型をカバーしながらマタニティフォトを撮影する方法として効果的です!

ただアップにして撮影するだけで無く、

  • ・お腹にボディペイントを施す
  • ・エコー写真を持つ

といった工夫をすると、よりマタニティフォトらしい写真になりますよ。

シルエット撮影

逆光を当てて全身のシルエットだけで撮影する、というのもぽっちゃりさんのマタニティフォトにおすすめの撮影方法です!
横向きのシルエット撮影なら体型の気になる部分が目立たず、かつ妊娠していることが分かりやすくなります。

また、シルエット撮影はアーティスティックな雰囲気の写真に仕上がるので、他の人とは違う独自性のあるマタニティフォトが撮れますよ。

体型の気になる箇所をカバーしつつ、クールなマタニティフォトを撮りたい人におすすめです。

体型に自信がない方は写真スタジオでのマタニティフォト撮影がおすすめ

ぽっちゃりでもマタニティフォトは撮れる!体型をカバーできるアイデアを紹介4
  • ・体型に自信がない
  • ・セルフ撮影だと体の気になる部分を上手くカバーできない

そんなぽっちゃりさんは、写真スタジオでのマタニティフォト撮影がおすすめです!
写真スタジオでマタニティフォトを撮影すると、以下のようなメリットがあります。

  • ・体型をカバーできる衣装や小物が揃っている
  • ・プロのカメラマンによる痩せ見えポージングを指導してもらえる
  • ・写真のレタッチ(編集、加工)で気になる妊娠線や体毛を修正してもらえる

写真スタジオでは様々な体型に合う衣装を用意しているので、二の腕や腰、足回りなどをカバーできる衣装もあります。
また、プロのカメラマンによる撮影なので、体型が気になることを伝えれば痩せ見えするポージングの指導もしてもらえますよ。

写真スタジオの撮影ならではの特徴として、マタニティフォトの撮影プランでは、妊娠線やお腹の毛を綺麗に修正する写真のレタッチも行います。
そのため、セルフ撮影するよりもぽっちゃり体型が気にならない、綺麗なマタニティフォトが残せますよ。

マタニティフォトのぽっちゃりのまとめ

今回はぽっちゃりさんのマタニティフォトの撮影について解説しました。
衣装や撮影方法を工夫していけば、気になる部分をカバーしながらマタニティフォトを撮影できますよ。

  • 【体型をカバーできるおすすめのマタニティフォト衣装】
  • ・ワンピース
  • ・大きめのデニム×ニット
  • ・マタニティドレス×カーディガン
  • 【体型をカバーするマタニティフォト撮影の工夫】
  • ・マタニティサッシュベルトを巻く
  • ・ボディペイントをする
  • ・お腹をアップにして撮影する
  • ・シルエットで撮影する

工夫してみたものの上手くカバーできなかったと感じた時は、写真スタジオのマタニティフォトプランで撮影しましょう。
体型のカバーだけでなく妊娠線などを隠すレタッチも行ってくれるので、より綺麗でクオリティの高い写真が撮れますよ!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました